家具の名産地、福岡県大川市にて上質で安心安全な無垢家具を作り続けて50余年。岡家具の公式直販ECサイト。

商品のご依頼・ご相談はこちら

0944-87-1585

8:00~17:00(年末年始・お盆休み)

全国の主要家具産地

全国の主要家具産地

これらが日本で有名な家具産地とされています。それぞれがどのようなルーツを持ち、どのような家具を作っているのかをご紹介していきます。

旭川家具(北海道)

旭川家具(北海道)

大自然に囲まれた北海道の旭川で、森の木を伐採し生活の道具をつくり始めたのが旭川家具の発祥とされています。明治の終わりに木挽場が完成し、鉄道が開通したこともあり本格的なまちづくりのため日本国内から木工職人が旭川へ移住してきました。良質な木材がたくさん手に入るが、冬には雪が積もる地域のため天然乾燥ができず、木工業には適さない地域とされていました。しかし人工乾燥機が普及すると大量出荷が可能になりました。

戦後に入り、札幌などで進駐軍の宿舎や娯楽施設の建設が始まると旭川家具にたくさんの受注が割り当てられ、重要木工集団地域に認定されるようになりました。
旭川家具は品質も非常に高く、デザイン性にも優れているのが特徴です。また、近年ではブランディングにも力を入れており、旭川デザインコンペという国際的な家具の祭典も開催しています。

静岡家具(静岡県)

静岡家具(静岡県)

そのルーツ江戸時代、徳川幕府の三代目将軍徳川家光公が富士山本宮浅間神社を造営する際に、全国から大工や指物師が集められました。浅間神社が完成した後も集められた人たちは定住をしました。静岡の気候が漆芸に適していたため、漆器づくりが盛んになっていき、その伝統技術が鏡台づくりにも活用されることとなりました。

明治に入ると西洋鏡台が静岡市内の業者によってはじめて製作され、大正には茶箪笥などの大型の家具も生産されるようになりました。また、戦後は進駐軍の割当発注をきっかけに大きく発展しました。現在では、大量生産から多品種少量生産へ移行をすすめています。年に一回「家具メッセ静岡」を開催しています。

飛騨家具(岐阜県)

飛騨家具(岐阜県)

※ブナの森

「飛騨の匠」という言葉があるように、山々に密生した豊富なブナを資源にした木造りの文化が昔からありました。しかし家具つくりが盛んになったのは大正時代に入ってからでした。そのきっかけとなったのは、高山に来たある旅人が、西洋の曲げ木の技術を町の人たちに伝え、有志たちによって株を出資しあって西洋家具メーカーを創業したからです。元々の木工技術の高さがあったので、曲木の椅子などを製作し、発展していきました。

戦後には企業数も増加し、椅子やテーブルなど脚物家具を中心に、豊かな自然と高度な技術を用いた家具を生産しています。

府中家具(広島県)

府中家具(広島県)

府中家具の始まりは、今から300年ほど前の江戸時代の宝永と言われています。大阪で箪笥造りを修行していた内山円三が、故郷の有馬村(現在の福山市)で始め、それを広めたのは広谷村鵜飼(現在の府中市鵜飼町)の指物師である内田多吉とされています。明治に入ると農閑期の副業として箪笥などが製造されました。そして大正から昭和にかけては箪笥製造者が急増し、朝から晩までノミやカンナの音が鳴りやまなかったと言われています。

また府中の気候が木材の乾燥に適しており、ひずみの少ない良質な製品を作ることによりその価値を高めていきました。戦後には「婚礼家具セット」という、異なる大きさの箪笥のセットを開発し、急成長を成し遂げました。

徳島家具(徳島県)

徳島家具(徳島県)

※徳島城 蜂須賀家政像

徳島家具の始まりは蜂須賀家の船大工からだと言われています。現在の福島に藩の経営にとって重要な水軍基地を構えてそこに大勢の船大工を住まわしたとされています。

その後明治になると廃藩置県によって藩が無くなり、職を失った船大工たちの何人かが安宅物と言われる日常雑貨を作り始めたのがきっかけで家具が作れるようになりました。それからは静岡家具と並び「阿波鏡台」という鏡台を製作し関西を中心に各地に出荷されていました。
そして現代ではカジュアルでおしゃれなこたつが有名です。

大川家具(福岡県)

大川家具(福岡県)

※筑後川

大川家具のルーツは室町時代にまでさかのぼります。筑後川が流れていたことにより、港として栄えていた大川(当時は榎津町)は多くの船大工が住んでおり、その船大工の高い木工技術が長年受け継がれていき、家具作りに生かされました。

昭和になると戦後の復興需要で大川家具は急速に成長していき、一気に全国的に有名な家具生産地となります。全国から注文が相次ぐようになると、大量生産ができるようにフラッシュ構造やダボ工法などの技術も用いて、早く安価な家具を作れるようにしました。

デザイン面や技術面でも飛躍的な成長をしていった大川家具は、ベビールームなどの新築ラッシュによる婚礼家具としても人気が高まっていきます。そして「家具の町大川」の名が広まり、現在では生産額1千億円を超える、日本一の家具生産地となっています。

Page top

お電話のお問い合わせ

0944-87-1585

FAXのお問い合わせ

0944-88-2030

メールのお問い合わせ